Sample Company

研究内容Research

アップコンバージョン蛍光体  一般的な発光物質であるダウンコンバージョン蛍光体は、ある波長の電磁波で励起するとそれより長い波長の光を放出します。一方、アップコンバージョンは励起波長よりも短い波長の光を放出する現象です。当研究室では金属酸化物を母体材料としたアップコンバージョン蛍光体を作製しています。
光触媒  光触媒とは、光が当たると有機物や細菌を除去できる物質のことです。当研究室では、溶液プロセスでBiVO4の光触媒を作製し、特性を解析しています。溶液プロセスを用いることで低エネルギーでかつ短時間で試料の作製が可能となります。
蝶の羽根の構造  蝶は発達した色覚を有しており、同種の検出のために羽の色を調整していると考えられています。当研究室では、アゲハチョウの羽の微細な構造について研究しています。将来的には、研究結果を応用し、インクを使わずに印刷する技術を開発したいと考えています。